護摩

法要

祈願

◎護摩法要・祈願とは

 護摩とは、サンスクリット語の「ホーマ」の音写で、「供物を火に投げ入れる」という意味のインドの古い言葉です。

  実際に御本尊を壇にお招きして、米・五穀・芥子・胡麻などの供物を火に投じてご接待をし、私たちの様々な願望を成就していただくもので、その効験は絶大です。

 しかし、真の目的は私たちの煩悩を薪に表示し、仏様の智慧の火で、魂を覆い曇らせている煩悩を焼き尽くし、人としての道を極め、「心の完成」を目指すことです。

秋季大護摩祈願(大感謝法要)
新年大護摩祈願
柴燈大護摩供「火渡り大祭」
柴燈大護摩供「火渡り大祭」
秋季大護摩祈願(大感謝法要)
柴燈大護摩供「火渡り大祭」
柴燈大護摩供「火渡り大祭」

◎ご祈祷内容

厄除け(前厄・本厄・後厄・小厄)・方位除け・土地、家屋お清め・お車のお清め

 

◎各種ご祈願

合格祈願・安全祈願・家内安全・交通安全・五穀豊穣・商売繁盛・火災消除・

身体健全・当病平癒・良縁成就・子授成就・学業成就・心願成就・その他 

 

◎各種ご供養

ご先祖・戦没者・水子・ペット・人形等 

ご祈祷詳細

受付日時 毎日午前9時~午後4時迄

※ご都合によってご相談に応じます。

※仕事が重なり受付出来ない場合もありますので、お電話でのご予約をおすすめします。 

高野山真言宗・金胎寺|富山県射水市戸破3315|tel.0766-55-1159

© kontaiji 2020 All Rights Reserved.

  • Facebook
柴燈大護摩供「火渡り大祭」

日本古来からの修験秘法